ドイツII号戦車、マフラーのサビ塗装

ドイツII号戦車のマフラーは最初にピンバイスで穴を空けたものの気に入らず、パテ埋めしました。マフラーのパイプの先端はピンバイスで穴を空けています。

ドイツII号戦車、マフラーのサビ塗装

そのあと、ダークイエローで全体を塗りました。最初、缶スプレーを使ったのですが、細かい部分に塗料が行き渡らず、アクリル塗料のダークイエローで塗り直しました。凸凹してますが、サビ表現を加えるのでこのままにしておきます。

ドイツII号戦車、マフラーのサビ塗装

Mr.ウエザリングカラーのグランドブラウンにステインブラウンを少し混ぜて、ベース色を塗り、塗料が半乾きになったら濃い目のステインブラウンをランダムに点描して、下地の色とブレンドして完全に乾かす。
乾燥したら、ラストオレンジを点描し、うすめ液でぼかす。
マフラーは、ウェザリングマスターBセット(スノー・スス・サビ)のススで先端を黒く汚す。

ドイツII号戦車、マフラーのサビ塗装

いまひとつ、色味が気に入らなかったため、アクリル塗料のハルレッドを塗って調整しました。

最近のドイツII号戦車の進捗状況 ~履帯装着まで

ディアゴスティーニの月刊なんちゃら並に制作スピードの遅いドイツII号戦車ですが、段々と形になってきました。

転輪を一瞬で黒く塗る方法です。両面テープをダンボールに貼り、その上にマスキングテープの糊面を上にして貼り、転輪を逆さにして並べます。あとはタミヤの黒のファインサーフェイサーを吹いて、乾けば完成です。

タミヤ,ドイツII号戦車,プラモデル,転輪

タミヤのラッカー系缶スプレーでダークイエローを吹きました。
これが後に失敗だったと気づく。スポンジチッピング等で失敗した部分を、同じタミヤのアクリル系塗料ダークイエローでリタッチしようとすると、微妙に色味が異なるのです。戦車を塗装するときは、缶スプレーではなくアクリル系塗料ダークイエローをエアブラシで吹くのが正解でした。

タミヤ,ドイツII号戦車,プラモデル,ダークイエロー

Mr.ウェザリングカラーでスミ入れ作業中。

タミヤ,ドイツII号戦車,プラモデル,エアブラシ

全てのパーツを接着してサーフェイサーを吹いたあとでシャベルと斧を塗装することは物理的に不可能です!

タミヤ,ドイツII号戦車,プラモデル

チッピングして仮組みしたところ。履帯はまだ取り付けていません。前から。

タミヤ,ドイツII号戦車,プラモデル

後ろから。

タミヤ,ドイツII号戦車,プラモデル

プラモデルを作っていると音楽が恋しくなる。

プラモデルを作る作業というのは、凄くストイックで、陶芸家や刀鍛冶に相通じるものがあるような気がします。
【食欲】【財欲】【色欲】【名誉欲】【睡眠欲】の五欲のどれ一つとも結びつかない作業に何時間も何日も何週間も打ち込んで、一つの作品を完成させる。
一つの作品を完成させると、あれこれと気に入らない点が出てきて、次の作品に活かしたくなる。
これはもはやプラモデル沼ですね(笑)
カメラを趣味にする人にはレンズ沼というものがありますが、それに近いような気がします。

それで、一人で小説を読んでいる時には、特に音楽を聴きたいと思わないのですが(物語に感情移入する妨げとなるため)、夜中に一人でプラモデルを作っていると無性に音楽を聴きたくなります。音楽にノッて、グルーヴしながらプラモデルを作る感覚というのか、そういうのが好きなんです。

何か、形のある立体物を自分の手で作り上げる楽しみというのは確実に存在すると思います。
この世に一つしかない一点もので、売り物にする訳でもない。
自分で見て楽しむ、或いは作品の写真をネットにアップして同好の士と意見を交わす、そうしたこともプラモデルの魅力の一つでしょうか……。

初めての #エアブラシ 塗装に失敗!

生まれて初めて吹くエアブラシ、当然のように失敗しました(汗)

エアブラシ,プラモデル,戦車

やむを得ず、筆塗りでリカバーしました。

エアブラシ,プラモデル,戦車

失敗の原因としては、エナメル溶剤しか持っていなくて、エナメル塗料の瓶は小さいので、塗料をケチった上に、エナメル溶剤を容器から直接溶き皿へ注ぎ込むという暴挙により、塗料を希釈しすぎて、吹いたら王冠に……

エアブラシ塗装は、アクリル溶剤でやるべきで、アクリル溶剤を昨日、Amazonで注文しました。

アクリル溶剤の希釈にはスポイトを使うべきで、エアブラシを置く台にスポイトも付属していました。

試し吹きは新聞紙でやってみたのですが、白いプラスチック系のものでなければ吹き具合が判らないということが判りました。
とりあえず、余っている白いプラバンで試し吹きしてみます。

ニードルストッパーを締めてみたところ、グルグル回って、かなり緩かったようです。

エアブラシ,ニードルストッパー,プラモデル,エアーブラシ

どこで一回転したのか判らないので、ガイド用にマッキーでニードルストッパーに印をつけました。

約6回転で最大の吹き出し量になるそうなので、ニードルストッパーを完全に締めて固定された状態から、3回転分、緩めてみました。

このあと、アクリル溶剤が届いてから、再度、エアブラシ塗装にチャレンジする予定です。